昔話と呪歌

花部英雄 著

子どもの肝臓を薬にする「孫の生き肝」、米盗みの冤罪の悲劇「赤米の悲劇」。人間の生々しく生きる姿を語った昔話の背後にある暗い深層心理を考察。柿本人麻呂の呪歌(呪文)を手がかりに古今伝授と俗信との関係解明をも試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 超通時的民間説話(昔話と生活
  • 昔話と伝承者・研究史)
  • 2 共時的民間説話(ニシンバの笑い
  • 「繁次郎話」の成立と伝播
  • 繁次郎話の伝承者)
  • 3 俗信的民間説話(俗信と呪歌-「フキフキホグセの説話一件」を巡って
  • 呪歌の生成-人丸「ほのぼのと」歌と懐妊
  • 「三」をめぐる呪歌・呪い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昔話と呪歌
著作者等 花部 英雄
書名ヨミ ムカシバナシ ト ジュカ
書名別名 Mukashibanashi to juka
シリーズ名 民間説話の民俗学的研究 2
出版元 三弥井書店
刊行年月 2005.3
ページ数 318, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4838290675
NCID BA71713234
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20890126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想