全身民俗学者

大月隆寛 著

民俗学者とは何か?自らを塵埃の野に解き放ち、真っ正直に常に躯を張って対象に対峙して歩き続けてきた一人の民俗学者、大月隆寛。その二十五年の成果を集めたぜ〜んぶ民俗学評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • おふくろの味・考
  • 「下宿」の思想
  • 「その他おおぜいの素人」の誇りと栄光を、今、正しく取り戻すこと
  • 素人の誠実、玄人の技術
  • それは「詐欺師」ではなかったりする、かも知れない
  • 「異文化」なんてもの言い、今すぐ忘れちまいなよ
  • うまく「オヤジ」になってゆくための知恵
  • 僕たちの失敗-あるいは、違和感から価値を創る、ということ
  • 「それぞれ」の豊かさ
  • 「歴史」をほどく耳〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全身民俗学者
著作者等 大月 隆寛
書名ヨミ ゼンシン ミンゾクガクシャ
書名別名 Zenshin minzokugakusha
出版元 夏目書房
刊行年月 2004.9
ページ数 409p
大きさ 20cm
ISBN 4860620283
NCID BA68833373
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20779377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想