平家物語 : あらすじで楽しむ源平の戦い

板坂耀子 著

『平家物語』を楽しむには、まず単純明快に全体像を掴み、あらすじを把握することが必要だ。物語の成立と受容の過程を理解するには、江戸文学や歌舞伎に与えた影響を見ていくことが有効だ。さらに歴史的事実との関係を見れば、なぜ平家は滅びなければならなかったかという大きな問いに、この物語がどのような答えを用意したかも見えてくる。今を生きる私たちに限りない力を与える古典文学の扉を、さあ開けよう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 受験勉強的あらすじ暗記法(三つの反乱、三つの戦い
  • 前半のあらすじ-三つの反乱
  • 後半のあらすじ-三つの戦い)
  • 第2部 図式で覚える内容と構成(清盛対重盛、宗盛対知盛
  • 重盛像の魅力
  • 武器のない戦い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平家物語 : あらすじで楽しむ源平の戦い
著作者等 板坂 耀子
書名ヨミ ヘイケ モノガタリ : アラスジ デ タノシム ゲンペイ ノ タタカイ
シリーズ名 平家物語
中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.3
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 4121017870
NCID BA71380120
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20773835
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想