アメリカ依存経済からの脱却

相沢幸悦 著

アジア共同体をどう形成するか。戦後、アメリカ依存型の経済構造を作り上げた日本。一国だけでの経済成長が不可能になった今こそ、通貨統合まで実現したヨーロッパの経験に学び、アジア共同体の結成によって東アジア諸国全体の生活水準向上へと突き進むべきではないか。著者は、アメリカ経済の宿命的欠陥を見据え、現在の対米追従路線が悲惨な結末をもたらすことを予測。脱米入亜路線の根拠と指針を明快に示す注目作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 高度成長とアメリカ依存経済の形成
  • 2 アメリカの好景気と平成不況の長期化
  • 3 アメリカ経済の宿命的欠陥とグローバリズム
  • 4 アメリカに依存する日本経済の結末
  • 5 ヨーロッパ統合とドイツ経済運営の教訓
  • 6 アジア共同体結成で変貌するアジアと日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカ依存経済からの脱却
著作者等 相沢 幸悦
書名ヨミ アメリカ イソン ケイザイ カラノ ダッキャク
書名別名 Amerika ison keizai karano dakkyaku
シリーズ名 NHKブックス 1027
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2005.4
ページ数 248p
大きさ 19cm
ISBN 4140910275
NCID BA7167348X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20774554
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想