「負けた」教の信者たち : ニート・ひきこもり社会論

斎藤環 著

増大するニート、高齢化するひきこもり-コミュニケーションの格差化傾向が進んでいる。ネット時代の少年犯罪など、メディアを騒がせた社会事象の本質を、気鋭の精神科医が読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 メディアから自由になる日
  • 2 「ひきこもり」の比較文化論
  • 3 ネット・コミュニケーションの死角
  • 4 虐待する側、される側の心理
  • 5 政治と司法がなすべきこと
  • 6 ニートたちはなぜ成熟できないのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「負けた」教の信者たち : ニート・ひきこもり社会論
著作者等 斎藤 環
書名ヨミ マケタキョウ ノ シンジャタチ : ニート ヒキコモリ シャカイ ロン
書名別名 Maketakyo no shinjatachi
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2005.4
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 4121501748
NCID BA71493229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20796686
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想