ヒミコの系譜と祭祀 : 日本シャーマニズムの古代

川村邦光 著

卑弥呼の「鬼道」とは何か。それを探るには弥生時代の祭祀と祭祀者を追求しなければならない。古くは縄文時代の環状列石。さらに男根を表す石棒や人形などのセクシュアリティの力の系譜。アメノウズメやヤマトトトビモモソヒメから神功皇后にいたる神がかりの示すもの等を分析しシャーマニズムをキーワードとして古代日本を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 卑弥呼の鬼道とシャーマニズム
  • 第2講 シャーマニズムの世界
  • 第3講 日本シャーマニズムの歴史民俗誌
  • 第4講 アメノウズメと巫女埴輪
  • 第5講 古代日本シャーマニズムの霊魂観とセクシュアリティ
  • 第6講 三輪山信仰とシャーマニズム
  • 第7講 ヤマトトトビモモソヒメの神がかりと祭祀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒミコの系譜と祭祀 : 日本シャーマニズムの古代
著作者等 川村 邦光
書名ヨミ ヒミコ ノ ケイフ ト サイシ : ニホン シャーマニズム ノ コダイ
書名別名 Himiko no keifu to saishi
出版元 学生社
刊行年月 2005.4
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 4311202814
NCID BA71817295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20770482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想