禅という名の日本丸

山田奨治 著

日本人は、自分自身をどうイメージしてきたか?弓・石庭・禅など、日本文化の情報がどのように外国に伝わり、それが日本にどのように環流して、日本文化を組み替えていったか。意表をつく視点から日本人のセルフ・イメージを探る、知の冒険。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ホンモノとイカモノのあいだ
  • 第2章 弓と禅の謎
  • 第3章 神話の解体
  • 第4章 消された経歴
  • 第5章 石庭はきれい?
  • 第6章 鏡像の受容

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 禅という名の日本丸
著作者等 山田 奨治
書名ヨミ ゼン ト ユウ ナ ノ ニホンマル
出版元 弘文堂
刊行年月 2005.4
ページ数 353p
大きさ 20cm
ISBN 4335551010
NCID BA71782485
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20770480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想