旧約聖書の思想 : 24の断章

関根清三 著

昏迷きわまる現代に、旧約聖書は三千年の時を超えて何を語りかけるか。ニヒリズム、愛、終末等の主題のもとに旧約から24の断章を選び、ニーチェ、キルケゴールら数多の解釈、思想史を渉猟しつつ、新たな読みを提示。時に芸術の内に旧約を見、時に旧約からエイズや援助交際等、現代が抱える諸問題をも考究する。碩学が現代に甦らせる旧約の思想世界。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 隠れた神-イザヤ書四五章15節
  • ニヒリズム-コーヘレス書一章2節
  • 偶像禁止の根拠-出エジプト記二〇章4節、申命記五章8節
  • 創造-創世記一章26‐27節
  • 愛児の献供(哲学者の解釈-創世記二二章1‐2節
  • 地平の融合-創世記二二章14節)
  • 沈黙-イザヤ書六二章6‐7節
  • 知恵-創世記三章4‐5節
  • 他宗教との関係-出エジプト記二〇章2‐3節、申命記五章6‐7節
  • 「宗教」批判-サムエル記下一二章24‐25節
  • 罪と赦し-詩篇五一篇5‐6節〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧約聖書の思想 : 24の断章
著作者等 関根 清三
書名ヨミ キュウヤク セイショ ノ シソウ : 24 ノ ダンショウ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2005.4
ページ数 355p
大きさ 15cm
ISBN 4061597051
NCID BA71512888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20769002
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想