グリーンバーグ批評選集

C.グリーンバーグ 著 ; 藤枝晃雄 編訳

マネによる自己批評性/ミディアムの刷新にはじまる、二次元性/色彩/空間の追求などを歴史的に位置づけ、マティス、ピカソ、そしてポロック等へ至る軌跡を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文化(アヴァンギャルドとキッチュ
  • さらに新たなるラオコオンに向かって
  • モダニズムの起源)
  • 第2部 美術(モダニズムの絵画
  • イーゼル画の危機
  • コラージュ ほか)
  • 第3部 芸術家(フィラデルフィアにおけるマネ展
  • セザンヌ
  • 七十五歳のピカソ
  • マティスの影響)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グリーンバーグ批評選集
著作者等 Greenberg, Clement
上田 高弘
大島 徹也
川田 都樹子
藤枝 晃雄
高藤 武允
グリーンバーグ クレメント
書名ヨミ グリーンバーグ ヒヒョウ センシュウ
書名別名 Clement Greenberg:selected writings
出版元 勁草書房
刊行年月 2005.4
ページ数 232, 6p
大きさ 20cm
ISBN 4326851856
NCID BA7161714X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20770652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想