政治哲学

デイヴィッド・ミラー 著 ; 山岡龍一, 森達也 訳

複雑化し錯綜する現在の政治現象を、どのように認識すればよいのだろうか。私たちの日常的な経験を出発点として、政治哲学の基本的な問題だけでなく、グローバル化の中で変容する、正義、フェミニズム、多文化主義、ネイション、国家をめぐる最先端の問題まで考察し、よりよい政治的構想のために政治哲学が果たす役割とその意味を明らかにする。政治に関する理論的・哲学的反省のための最良の導き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 政治哲学はなぜ必要なのか
  • 2 政治的権威
  • 3 デモクラシー
  • 4 自由と統治の限界
  • 5 正義
  • 6 フェミニズムと多文化主義
  • 7 ネイション、国家、グローバルな正義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 政治哲学
著作者等 Miller, David
山岡 龍一
森 達也
ミラー デイヴィッド
書名ヨミ セイジ テツガク
書名別名 Political philosophy
シリーズ名 1冊でわかる
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.3
ページ数 197, 13p
大きさ 19cm
ISBN 4000268791
NCID BA71447560
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20769865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想