昭和戦中期の議会と行政

古川隆久 著

昭和戦時下の政局に議会や内務官僚はいかなる役割を果たしたのか。形骸化した存在とされてきた議会の実態を再検討すると共に、議会の対抗勢力としての内務官僚の動向を検証。新たな視座から戦時下の政治構造を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦時下の議会勢力(国家総動員法をめぐる政治過程
  • 国家総動員審議会の設置とその実態
  • 戦時議会の再検討
  • 日中戦争期の議会勢力と政策過程
  • 太平洋戦争期の議会勢力と政策過程
  • 大日本政治会と敗戦前後の政治状況
  • 昭和戦時期の衆議院における請願)
  • 第2部 昭和期の内務官僚(内務官僚研究の視角
  • 政党内閣期の内務官僚
  • 斎藤内閣期の内務官僚)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和戦中期の議会と行政
著作者等 古川 隆久
書名ヨミ ショウワ センチュウキ ノ ギカイ ト ギョウセイ
書名別名 Showa senchuki no gikai to gyosei
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.4
ページ数 300, 6p
大きさ 22cm
ISBN 4642037713
NCID BA71584175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20765187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想