レンブラントと和紙

貴田庄 著

17世紀西洋の絵画の巨匠が、江戸時代の日本からはるばる運ばれた和紙に銅版画を刷っていた!エキサイティングな事実を作品と資史料の分析により初めて徹底検証。画家の手に渡った和紙とは?なぜ和紙を愛用したのか?日本・オランダの交流の新たな一面に光を当てるスリリングな美術史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 版画家たちと紙(版画の種類
  • 現代版画家と紙 ほか)
  • 2章 西洋の紙と日本の紙(紙の誕生と伝播
  • 日本の製紙 ほか)
  • 3章 海を渡った和紙(日蘭貿易史
  • ビオルクルンドの古文書発見 ほか)
  • 4章 和紙と使い始めた年(銅版画作品一覧表
  • 和紙に刷られた銅版画 ほか)
  • 5章 初めてのジャポネズリー(作品数とテーマ
  • 破産と版画制作 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レンブラントと和紙
著作者等 貴田 庄
書名ヨミ レンブラント ト ワシ
書名別名 Renburanto to washi
出版元 八坂書房
刊行年月 2005.2
ページ数 274, 5p
大きさ 22cm
ISBN 489694853X
NCID BA7143317X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20768462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想