鮎川信夫詩論集

鮎川信夫著

[目次]

  • 目次
  • I
  • 現代詩とは何か / 13
  • I 詩人の条件 / 13
  • II 幻滅について / 26
  • III 祖国なき精神 / 39
  • IV なぜ詩を書くか / 49
  • V 詩と伝統 / 65
  • VI 詩への希望 / 81
  • われわれの心にとって詩とは何であるか / 102
  • 現代詩の機能 / 155
  • 詩人と民衆 / 172
  • I 権力への反抗 / 172
  • II 過渡期の態度 / 177
  • III 自己憐憫の限界 / 181
  • IV 安定意識について / 188
  • V 社会詩とタイハイ現象 / 196
  • VI 可能性と個性 / 207
  • 現代詩の難解性をめぐって / 214
  • I 現代詩の難かしさと大衆 / 214
  • II 詩的想像力 / 217
  • 戦後詩の拠点 / 224
  • I 世代の交替について / 224
  • II グループの問題 / 229
  • III 創造的エネルギーについて / 233
  • 現代と詩人 / 243
  • 前衛の場について / 259
  • 比喩論二題 / 268
  • I 映画における詩的メタフォー / 268
  • II 事実とメタフォー / 275
  • 浪曼主義と想像力 / 283
  • 近代詩における「近代」の運命 / 295
  • II
  • ヴァレリイについて / 303
  • カフカの世界 / 311
  • 地獄の発見 / 329
  • I ボードレールについて / 329
  • II 地獄の発見 / 346
  • 『燼灰』のなかから-T・E・ヒュームの精神 / 357
  • 詩と政治と表現の自由-パステルナークに関連して / 379
  • 「J・アルフレッド・プルフロックの恋歌」について / 403
  • 朔太郎考 / 418
  • III
  • 『死の灰詩集』の本質 / 429
  • 詩人への報告 / 435
  • I モダニズムの遺産 / 435
  • II 観念の集団的背景について / 440
  • III 不安定な結論 / 446
  • IV 詩の鑑賞について / 448
  • 『死の灰詩集』をいかにうけとるか / 452
  • 『死の灰詩集』論争の背景 / 464
  • 「反荒地派」について / 485
  • 飜訳詩の問題 / 509
  • 戦争責任論の去就 / 526
  • 現代詩に求めるもの / 544
  • 政治嫌いの政治的感想 / 551
  • 精神・言葉・表現 / 558
  • あとがき / 579

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鮎川信夫詩論集
著作者等 鮎川 信夫
書名ヨミ アユカワ ノブオ シロンシュウ
書名別名 Ayukawa nobuo shironshu
出版元 思潮社
刊行年月 1967
版表示 普及版
ページ数 580p
大きさ 20cm
NCID BA42919586
BN07080160
BN04574936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想