ロールズ哲学史講義  下

ジョン・ロールズ 著 ; バーバラ・ハーマン 編 ; 坂部恵 監訳 ; 久保田顕二, 下野正俊, 山根雄一郎 訳

カントの自由の理念からヘーゲルの市民社会へ。自由で平等な人格としてのわたしたちは、政治的社会的な諸制度のもとでいかに目的を追求するのか。ハーバード大名講義のクライマックス、下巻。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • カント(正しさの優位性と道徳法則の対象
  • 道徳的構成主義
  • 理性の事実
  • 自由の法則としての道徳法則
  • 『宗教論』第一編の道徳的心理学
  • 理性の統一性)
  • ヘーゲル(ヘーゲルの『法哲学綱要』
  • 人倫とリベラリズム)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ロールズ哲学史講義
著作者等 Herman, Barbara
Rawls, John
下野 正俊
久保田 顕二
坂部 恵
山根 雄一郎
ロールズ ジョン
書名ヨミ ロールズ テツガクシ コウギ
書名別名 Lectures on the history of moral philosophy
巻冊次
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.3
ページ数 551, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4622071126
NCID BA70903278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20756269
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想