老アントニオのお話 : サパティスタと叛乱する先住民族の伝承

マルコス副司令 著 ; 小林致広 編訳

メキシコ・チアパス州で反政府・反グローバリズムの主張を掲げて武装蜂起したEZLN(サパティスタ民族解放軍)のスポークスパースン、マルコス副司令と、歩く書物=老アントニオは語る。マルコス副司令は、メヒコの歴史やサパティスタの歩みを、老アントニオはマヤ先住民の神話的な世界の話を。誰かが受け継ぐ。受け継いだ者がまた語る。永遠の時を超えて、語り継がれるチアパスの伝承。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 老アントニオ(アントニオは夢見ている
  • 拍手で抑えられた ほか)
  • 第1部 ボタン・サパタ(われわれの長い苦悩の夜はどこから生まれたのか
  • 人びとの意志にもとづいて統治する ほか)
  • 第2部 七色の虹(虹のお話
  • フー・メン ほか)
  • 第3部 トウモロコシの男と女(ハリケーンと誕生に合意した言葉のお話
  • ひとつとすべてのお話 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 老アントニオのお話 : サパティスタと叛乱する先住民族の伝承
著作者等 Marcos, subcomandante
小林 致広
マルコス副司令
書名ヨミ ロウ アントニオ ノ オハナシ : サパティスタ ト ハンランスル センジュウ ミンゾク ノ デンショウ
書名別名 Ro antonio no ohanashi
出版元 現代企画室
刊行年月 2005.3
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 4773804114
NCID BA71513359
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20760683
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想