明治馬券始末

大江志乃夫 著

軍馬改良の勅命と競馬の奨励、馬券発売黙許、競馬会乱立、スキャンダル続発、馬券禁止…競馬をめぐる騒動のさなか、日本を揺るがす大事件がひたひたと迫っていた-陸軍秘密資料を駆使しながら描く、歴史の裏側に隠されたドラマ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 水師営の会見
  • 第1章 馬匹改良の掛け声(家畜のなかで特異な存在、馬
  • 退化した日本の在来馬
  • 臨時馬制調査委員会)
  • 第2章 競馬会ブームの到来(日本最初の近代競馬
  • 競馬会乱立騒動
  • 各地の競馬の乱脈と観客の騒動
  • 馬券競馬廃止論の沸騰)
  • 第3章 騎兵第二旅団の将校賭博事件(松戸競馬の馬券スキャンダル
  • 騎兵旅団と憲兵隊との対決
  • 田村久井という男)
  • 終章 刑事検察から政治検察へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治馬券始末
著作者等 大江 志乃夫
書名ヨミ メイジ バケン シマツ
出版元 紀伊國屋書店
刊行年月 2005.3
ページ数 247p
大きさ 20cm
ISBN 4314009764
NCID BA71540260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20761118
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想