映画の論理 : 新しい映画史のために

加藤幹郎 著

ニコラス・レイの「男性メロドラマ」群、コーネルの実験映画から現代のCGI、アニメーションまで。映画理論を更新、映画史を書き換える気鋭の最新評論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 映像と音響のポイエーシス-映画の二〇世紀
  • 第2章 映画史の今日的変容-『マトリックス』/『ステップス』/『タイタニック』
  • 第3章 ニコラス・レイ論の余白に-一九五〇年代ハリウッドの男性メロドラマ
  • 第4章 ジョーゼフ・コーネル論の余白に-一九五〇年代ニューヨークのロマン主義
  • 第5章 夢見る映画-映画における夢の表象史
  • 第6章 映画は思考する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 映画の論理 : 新しい映画史のために
著作者等 加藤 幹郎
書名ヨミ エイガ ノ ロンリ : アタラシイ エイガシ ノ タメニ
書名別名 Eiga no ronri
出版元 みすず書房
刊行年月 2005.2
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 4622071290
NCID BA71199833
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20753082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想