言語科学と関連領域

大津由紀雄, 坂本勉, 乾敏郎, 西光義弘, 岡田伸夫 著

本巻では、言語の科学にとって重要な関連諸領域の研究を取りあげる。まず、言語理論や言語獲得の研究とともに進展してきた、人間が言語をどう理解し産出しているのか、また、言語は脳のどこでどう処理されているのかについての研究を紹介する。さらに、言語の系統発生に関する仮説を紹介した後、メタ言語能力の促進という観点から言語教育への応用におけるさまざまな問題を扱う。岩波講座「言語の科学」の単行本化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人間の言語情報処理(人間の言語情報処理とは何か?
  • 構成素の心理的実在性 ほか)
  • 2 言語の脳科学(脳地図と機能局在
  • ニューロンの機能 ほか)
  • 3 言語の発生と進化(言語起源論の流れ
  • 生物学から見た仮説 ほか)
  • 4 言語理論と言語教育(言語理論と言語教育の関係
  • 言語教育の目的 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語科学と関連領域
著作者等 乾 敏郎
坂本 勉
大津 由紀雄
岡田 伸夫
西光 義弘
書名ヨミ ゲンゴ カガク ト カンレン リョウイキ
シリーズ名 言語の科学 / 大津由紀雄, 郡司隆男, 田窪行則, 長尾真, 橋田浩一, 益岡隆志, 松本裕治 編 11
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.2
ページ数 18, 205p
大きさ 23cm
ISBN 400006911X
NCID BA70800559
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20754508
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想