虫をめぐるデジタルな冒険

小檜山賢二 著

虫は3000〜5000万の種類がいると推測されており、人類の英知を超えた世界に生きている。その虫の極小世界を、デジタル写真技術で生態を再現した画像と「虫屋の目」の薀蓄に富んだエッセイで、鮮やかに浮き彫りにする。本書は虫屋のみならず、すべての自然愛好家の垂涎の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ マイクロプレゼンス
  • 1 極限の多様性-ゾウムシの世界
  • 2 「蝶屋」が「甲虫屋」になるとき
  • 3 デジタル写真はおもしろい
  • 4 マイクロフォトコラージュ-虫屋のデジタル写真術
  • 5 デジタル化大計画-二次元から三次元の世界へ
  • 6 デジタルへの道
  • 7 モーシヨンキャプチャーシステム-動きを再現する
  • エピローグ 虫屋の夢

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虫をめぐるデジタルな冒険
著作者等 小桧山 賢二
書名ヨミ ムシ オ メグル デジタルナ ボウケン
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.2
ページ数 179, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4000060473
NCID BA71062759
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20753054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想