日本軍の毒ガス兵器

松野誠也 著

毒ガスという大量破壊兵器から見た日本軍と戦争の実態。歴史の闇に葬られた史実を解き明かし、その背景と過去から現代にいたる負の遺産を検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 毒ガス兵器の研究と開発
  • 第2章 毒ガス兵器の製造と教育
  • 第3章 一般国民と毒ガス
  • 第4章 毒ガス使用禁止をめぐる国際的な動向と日本軍の対応
  • 第5章 日中全面戦争と毒ガス戦の展開
  • 第6章 アジア太平洋戦争期の毒ガス戦
  • 第7章 なぜ日本軍は毒ガス兵器に依存した戦いをおこなったのか
  • 第8章 戦後史のなかの日本軍毒ガス兵器問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本軍の毒ガス兵器
著作者等 松野 誠也
書名ヨミ ニホングン ノ ドクガス ヘイキ
出版元 凱風社
刊行年月 2005.2
ページ数 330p
大きさ 20cm
ISBN 4773629037
NCID BA71138169
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20751957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想