探究「鎮守の森」

上田正昭 編

森が語りかけるもの。この地球破壊と文明危機の時代、身近な森の歴史的・文明論的な意味を、歴史学、民俗学、文化人類学、国文学、植物学などの学際的な研究を集めて明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 鎮守の森の原像
  • 1 鎮守のカミガミ-歴史学の視点から
  • 2 禁伐伝承と入らずの森-民俗学の視点から
  • 3 木の歴史・森の歴史-植物学の視点から
  • 4 鎮守の森探訪-文化人類学の視点から
  • 5 「入らずの森」歴史を未来へ-都市計画学の視点から
  • 付編 社叢学への招待(鎮守の森って何だろう
  • 森に生きる文明
  • 鎮守の森はよみがえる
  • 森に生きる文明-心のふるさと"鎮守の森"を考える)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 探究「鎮守の森」
著作者等 上田 正昭
上田 篤
米山 俊直
菅沼 孝之
野本 寛一
書名ヨミ タンキュウ チンジュ ノ モリ : シャソウガク エノ ショウタイ
書名別名 社叢学への招待

Tankyu chinju no mori
出版元 平凡社
刊行年月 2004.11
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 4582493041
NCID BA69597629
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20754532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想