場所に聞く、世界の中の記憶

鈴木博之 著

場所のもつ文化的・歴史的・社会的背景を読み解く。建築史家の知的まなざしがそそがれる都市の歩き方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文豪の地霊-ワイマールのパルク・アン・デア・ウム(ドイツ)、ゲーテが設計した公園に立つゲニウス・ロキの石碑
  • 場所の色彩-イナリ湖(フィンランド)、北極圏のなかの白い海
  • 商いの迷路-36通り地区・ハノイ(ヴェトナム)、アジアの伝統的商業の町
  • 悲しき天使-キエフのマーケット(ウクライナ)、歌が舞い降りる場所
  • 海峡の風-イスタンブールのハギア・ソフィア(トルコ)屋根から眺めるボスポラス海峡
  • 類似の連鎖-ニューヨークのグラント将軍廟(アメリカ)、国会議事堂の原形というべき建物
  • 廃墟の声-アンコールのバイヨン遺跡(カンボジア)、人面をもつ群塔
  • ヨーロッパの祖型-ダラム大聖堂(イギリス)、新しさと過去とが交錯する巨大な列柱
  • 文人の庭-湖南省長沙の岳麓書院(中国)、書院の中庭の美しいたたずまい
  • 西と東-シチリア島のモンレアーレ大聖堂(イタリア)、アラブとヨーロッパとの出合い〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 場所に聞く、世界の中の記憶
著作者等 鈴木 博之
書名ヨミ バショ ニ キク セカイ ノ ナカ ノ キオク
書名別名 Basho ni kiku sekai no naka no kioku
出版元 王国社
刊行年月 2005.2
ページ数 174p
大きさ 20cm
ISBN 4860730275
NCID BA71214176
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20745180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想