ガルガンチュア

フランソワ・ラブレー 著 ; 宮下志朗 訳

フランス・ルネサンス文学を代表する作家フランソワ・ラブレーの傑作大長編、待望の新訳版。この巻では、巨人王ガルガンチュアの誕生・成長と冒険の数々、さらに戦争とその顛末が、笑いと風刺を織り込んだ密度の高い文体によって描き出されてゆく。現代的センスあふれる清新な訳文から、不朽の物語の爆発的な面白さと輝かしい感動が楽しく伝わってくる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガルガンチュア
著作者等 Rabelais, François
宮下 志朗
Rabeleis Francois
ラブレー フランソワ
書名ヨミ ガルガンチュア
書名別名 La vie tres horrificque du grand Gargantua,pere de Pantagruel,jadis composee par M. Alcofribas,abstracteur de quinte essence

Garuganchua
シリーズ名 ガルガンチュアとパンタグリュエル 1
ちくま文庫 1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2005.1
ページ数 475, 33p
大きさ 15cm
ISBN 448042055X
NCID BA70560808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20740653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想