ネアンデルタール人の正体 : 彼らの「悩み」に迫る

赤澤威 編著

かつて地上には、常に2、3種類の「ヒト」がいた。新しい人類が現れては消えていき、その数は17種にものぼる。その唯一の生き残りであるわれわれホモ・サピエンスを除いて、ヒトはすべて地上から姿を消した。ネアンデルタールとは、600万年の人類史の中で、ごくごく現代に近い時代に出現し、そして消滅していったヒトであり、われわれの「最後の隣人」であった。4万年前まで、ネアンデルタールとわれわれの祖先は、同じ時代に生きていた。彼らは出会い、そして混血したのだろうか。それとも、ネアンデルタールは子孫を残さず絶滅したのだろうか。化石発見ラッシュの中、化石、脳、言語、遺伝子等の専門家が、さまざまな視点で最新ネアンデルタール像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ネアンデルタールの悩み
  • 心が知りたい
  • 地球上から消えた人々
  • 人類はいつ、なぜ争うようになったか
  • 2つの人類が出会ったとき
  • 遺伝子から探る
  • 化石は語る
  • 仮想復元で広がるイメージ
  • 成長のしかたを考える
  • 脳の違いが意味すること
  • 言葉を話したか
  • 1日を想像する

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ネアンデルタール人の正体 : 彼らの「悩み」に迫る
著作者等 内田 伸子
斎藤 成也
沢口 俊之
河内 まき子
片山 一道
石田 肇
米田 穣
西秋 良宏
赤沢 威
近藤 修
鈴木 宏正
書名ヨミ ネアンデルタールジン ノ ショウタイ : カレラ ノ ナヤミ ニ セマル
シリーズ名 朝日選書 769
出版元 朝日新聞社
刊行年月 2005.2
ページ数 313, 13p 図版8p
大きさ 19cm
ISBN 4022598697
NCID BA70839714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20742928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想