三島由紀夫とフーコー〈不在〉の思考

丹生谷貴志 著

哲学の臨界で考え、斃れたフーコー。文学の臨界で書き、自殺した三島由紀夫。観念ではなく物質としての"不在"を浮上させた二人の思考を"死""恋"そして"島"において初めて出会わせ、「日本」と「グローバリズム」を迎え撃つ、強靭にして柔らかい思想/文学を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「何もない」が現れる
  • 1 ミシェル・フーコーによる哲学史(神は細部に宿りたまう-マイスター・エックハルトからフーコーへ
  • 分け前-カントからフーコーへ)
  • 2 三島由紀夫による文学史(三島とリアリズム
  • 成熟の年齢-吉本隆明と三島由紀夫)
  • 3 "恋"と"死"(死ぬことと見つけたり-『葉隠』と三島由紀夫
  • 孤島と恋、そして散‐歩-新たなるバロック
  • クローンのファンタズマ-フーコー以後の「福祉社会」)
  • 終章 幽霊論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 三島由紀夫とフーコー〈不在〉の思考
著作者等 丹生谷 貴志
書名ヨミ ミシマ ユキオ ト フーコー フザイ ノ シコウ
書名別名 Mishima yukio to fuko fuzai no shiko
出版元 青土社
刊行年月 2004.12
ページ数 249p
大きさ 20cm
ISBN 4791761650
NCID BA70213189
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20811889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想