シベリア出兵の史的研究

細谷千博 著

無名の師-。そう呼ばれた軍事行動が歴史の転換点となった。革命下のロシアをめぐり列強の策謀が渦巻く。義を標榜する日本の侵攻は、やがて来るアメリカとの破局の淵源をなすにいたった。派兵がもたらすもの。その示唆に富む例証がここにある。名著の誉れ高き書がよみがえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 プランの提起
  • 第2章 日本と大陸政策
  • 第3章 干渉への鍵
  • 第4章 二重外交
  • 第5章 ウイルソンの決定
  • 第6章 原敬と伊東巳代治
  • 第7章 決定につづくもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シベリア出兵の史的研究
著作者等 細谷 千博
書名ヨミ シベリア シュッペイ ノ シテキ ケンキュウ
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2005.1
ページ数 313, 8p
大きさ 15cm
ISBN 4006001371
NCID BA70397740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20737534
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想