日本人の精神史  第2巻

亀井勝一郎 著

[目次]

  • 中世の生死と宗教観 / 9
  • 乱世に直面して / 11
  • 生死の激しさ(序に代えて) / 11
  • 自力修行の涯に / 22
  • 宗教改革への道 / 36
  • 民衆の思想形成ということ / 46
  • 方丈の異端者 / 56
  • 王朝の夕映え / 69
  • 新古今集とその前後 / 69
  • 夕映えの美学 / 81
  • 女房文学の行方 / 88
  • 内乱の詩と真実 / 94
  • 平家物語の作者たち / 94
  • 明日への戦慄と過去への思慕 / 106
  • 院政の独裁者 / 116
  • 義経伝説 / 124
  • 源氏の悲劇と実朝の歌 / 137
  • 人間と罪 / 150
  • 救われざるもの / 150
  • 罪と救いをめぐる妄想 / 159
  • 信仰の危さ / 164
  • 戒律を求めて / 170
  • 仏道をならうというは / 170
  • 解逅と信の決定 / 182
  • 生死の思索と体験 / 186
  • 折伏と受難 / 200
  • 正法を護るもの / 200
  • 迫害のなかの愛情 / 206
  • 宗教改革と文学 / 212
  • 信仰の純化をめぐって / 212
  • 文学の否定 / 224
  • 徒然草 / 231
  • 室町芸術と民衆の心 / 247
  • 内乱と武家への疑惑 / 249
  • 人間不信をもたらしたもの / 249
  • 流離の民衆の心 / 260
  • 王朝の残夢 / 269
  • 太平記の作者たち / 269
  • 残夢の犠牲者と迷へる人 / 274
  • 内乱と異常性格 / 290
  • 滅びゆく王朝 / 297
  • 有るか無きか / 305
  • 民衆の思想形成 / 314
  • 信仰と表現 / 314
  • 信仰の継承における危険について / 333
  • 宗教組織と人間 / 341
  • 能と幽玄 / 356
  • 王朝の声と鎌倉の声 / 356
  • 仮面について / 366
  • 演技論 / 373
  • 芸道と秘伝 / 387
  • 妄執の夢の行方 / 397
  • 禅と芸術 / 407
  • 室町禅林への疑惑 / 407
  • 安国寺から金閣寺へ / 416
  • 戒律と芸術 / 422
  • 南宋への夢 / 446
  • 東山の阿弥たち / 466
  • 金閣寺から銀閣寺へ / 466
  • 義政をめぐって / 471
  • 茶道の始まり / 478
  • 乱世に直面して / 485
  • 法燈の消滅 / 485
  • 軽妙な遊び / 493
  • 無常と行動的人間 / 500
  • 日本人の精神史研究第五部(遺稿) / 507
  • 中世の終り / 509
  • 法燈の消える日 / 509
  • 十五世紀最後の仏教徒 / 514
  • 下剋上 / 520
  • 思い出とともに-解題・亀井斐子 / 530
  • 年表 / 551
  • 索引 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本人の精神史
著作者等 亀井 勝一郎
書名ヨミ ニホンジン ノ セイシンシ
書名別名 Nihonjin no seishinshi
巻冊次 第2巻
出版元 文芸春秋
刊行年月 1967
ページ数 559p 図版
大きさ 20cm
NCID BN01832117
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57008685
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想