偏見の美学 : 古典と批評 日沼倫太郎評論集

日沼倫太郎 著

[目次]

  • 太宰治
  • 死と海と漁火 / 7
  • 宿命を自覚していた作家
  • 道化にやつれた無限の寂寥
  • 死との異常な面接
  • 生涯かかって支払った負債
  • ユダの学び / 32
  • 「思ひ出」の周囲
  • 典型的なナルシシスト
  • マイナスからプラスへの逆転
  • 既成道徳への反抗
  • 人間神格と人間失格
  • 影の回転 / 50
  • 揺れ動く精神の二重構造
  • 「語られざる私」の影
  • 私小説の極北と反自然主義の極北
  • 自意識の問題を解決する合鍵
  • 他者との邂逅 / 68
  • 転換の三つの秘密
  • 他者の自覚
  • 「姥捨」について
  • 古典の美学
  • 伊勢物語 / 93
  • 「伊勢物語」の象徴主義
  • 残酷な<時>の交響曲
  • 「更級日記」の美学 / 107
  • 岡麓をめぐって
  • 夢想する女の内面
  • 哀歌の風情
  • 宗教と文学
  • 「方丈記」のサディズム / 124
  • 理想の隠者
  • 邪悪な情念
  • 「方丈記」のリアリティ
  • 復讐の美学
  • 「雨月物語」の世界 / 141
  • 怪異のイメージ
  • 執念の晶化
  • 晩年の秋成
  • 批評と現代
  • 批評と現代 / 161
  • 「批評は芸術か?」をめぐって
  • 批評の危機
  • 批評家の風土
  • まだしも幸福な批評家である私
  • 文学における宗教の復権
  • 宗教文学は存在するか
  • 「書く」行為の意味
  • 「白痴」における宗教性
  • 「宗教と文学」という機軸
  • 批評の基軸の転換
  • 批評と偏見 / 198
  • 宿命の構図
  • 批評に共通の基準はない
  • 三つの文学の型
  • 批評と予告 / 211
  • 批評の分類
  • 批評と時間
  • 予告的批評の提唱
  • 批評の自己疎外 / 224
  • 批評の位置について
  • 合理主義批評と印象主義批評
  • ピラミッドの地下室
  • あとがき / 248

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 偏見の美学 : 古典と批評 日沼倫太郎評論集
著作者等 日沼 倫太郎
書名ヨミ ヘンケン ノ ビガク : コテン ト ヒヒョウ ヒヌマ リンタロウ ヒョウロンシュウ
出版元 桜楓社
刊行年月 1967
ページ数 248p
大きさ 19cm
NCID BN09754334
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67002995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想