佐古純一郎著作集  第4 (文学をどう読むか)

[目次]

  • I 文学をどう読むか / 7
  • 1 いかに生くべきかということ / 9
  • 2 感動するということ / 13
  • 3 感受性の訓練について / 18
  • 4 文学の社会的機能について / 24
  • 5 文学を批評するということ / 29
  • 6 一人の作家と取り組むこと / 34
  • II 近代日本文学と倫理 / 41
  • 明治の文学 / 43
  • はじめに / 43
  • 幸田露伴と樋口一葉 / 43
  • 北村透谷と島崎藤村 / 46
  • 夏目漱石と森鷗外 / 50
  • 石川啄木 / 55
  • むすび / 58
  • 大正の文学 / 60
  • はじめに / 60
  • 有島武郎と武者小路実篤 / 61
  • 菊池寛と芥川龍之介 / 69
  • むすび / 76
  • III 作品論 / 79
  • 谷崎潤一郎の『鍵』について / 81
  • 丹羽文雄の『飢える魂』について / 90
  • 三島由紀夫の『金閣寺』について / 96
  • 遠藤周作の『青い小さな葡萄』について / 103
  • 加藤周一の『運命』について / 109
  • 堀田善衛の『鬼無鬼島』について / 115
  • 金達寿の『日本の冬』について / 122
  • 深沢七郎の『楢山節考』について / 128
  • 円地文子の『女坂』について / 135
  • 原田康子の『挽歌』について / 141
  • 山崎豊子の『暖簾』について / 148
  • IV 作品素描 / 155
  • 二葉亭四迷の『浮雲』 / 157
  • 森鷗外の『舞姫』 / 160
  • 徳富蘆花の『不如帰』 / 163
  • 国木田独歩の『牛肉と馬鈴薯』 / 167
  • 島崎藤村の『破戒』 / 170
  • 夏目漱石の『こゝろ』 / 173
  • 芥川龍之介の『奉教人の死』 / 177
  • 菊池寛の『父帰る』 / 180
  • 山本有三の『波』 / 184
  • 賀川豊彦の『死線を越えて』 / 187
  • 有島武郎の『或る女』 / 190
  • 武者小路実篤の『友情』 / 194
  • 志賀直哉の『暗夜行路』 / 197
  • 島木健作の『生活の探求』 / 201
  • 太宰治の『走れメロス』 / 207
  • 川端康成の『千羽鶴』 / 211
  • 丹羽文雄の『哭壁』 / 214
  • 石川達三の『自分の穴の中で』 / 217
  • 井上靖の『氷壁』 / 221
  • 福田恆存の『竜を撫でた男』 / 224
  • 椎名麟三の『深夜の酒宴』 / 227
  • 遠藤周作の『黄色い人』 / 230
  • 大田洋子の『人間襤褸』 / 234
  • あとがき / 238

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 佐古純一郎著作集
著作者等 佐古 純一郎
書名ヨミ サコ ジュンイチロウ チョサクシュウ
書名別名 Sako jun'ichiro chosakushu
巻冊次 第4 (文学をどう読むか)
出版元 春秋社
刊行年月 1960
ページ数 241p
大きさ 19cm
全国書誌番号
57008378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想