風と共に去り風と共に来りぬ  第1部 (謀略篇)

森脇将光 著

[目次]

  • 目次
  • はじめに / 1
  • 大きな嵐
  • 大きな嵐 / 3
  • 母の思い出と金文字
  • 貧しい母と、貧しい叔父 / 13
  • 母の看護とその死 / 18
  • 不思議な金文字 / 24
  • 三十三年忌への念願 / 26
  • 蜘蛛からの自信
  • 故郷の小学校長に出した手紙
  • 私の念願-野中の一本杉
  • 妻の再生-母へのおみやげ
  • 蜘蛛の表徴
  • 今日は子供の日-亡母の祈りは孫のうえに
  • その日来りぬ / 51
  • 出雲大社にて / 55
  • 大黒天と私の因縁 / 59
  • 約三十年振りの法隆寺 / 68
  • 愉悦な日の前後 / 71
  • 烏と梅の実
  • 四国路の旅
  • 四国路の旅と愛人 / 83
  • 夢と、東京への電話 / 86
  • 屋島壇の浦 / 91
  • 歯のこわれた夢 / 97
  • 夢に見る父の面影 / 99
  • 蛇、のた打ち廻る夢 / 104
  • 矛盾と撞着 / 106
  • 伊東生活五日間 / 108
  • 伊東の朝、一匹の蜘蛛
  • 皓皓と照る月
  • 宿命の闘争迫る
  • 嵐の目、東京へ帰る / 117
  • 怪げんな話 / 121
  • 再び朝蜘蛛にあう / 125
  • 猪股功との関係 / 127
  • 桃原主任と猪股 / 133
  • 『日通』と猪股 / 138
  • 青天の霹靂 / 143
  • 情は人のためならず / 150
  • 奇怪な読売の二回記事 / 156
  • 意味あり気な密告 / 159
  • 遂に逮捕の運命来る / 165
  • 感激におののく釈放の一瞬 / 177
  • 浅見検事と警視庁の態度 / 180
  • 驚天動地、波瀾万丈
  • やけにめでたがる奇怪な志賀 / 189
  • 志賀を待つ焦躁 / 193
  • 逮捕後始めて志津と会う / 198
  • 背信の陰謀 / 201
  • 永里捜査主任への疑惑 / 209
  • 怪奇なる言動 / 217
  • 捜査主任室での斗争 / 224
  • 『日通』総務部長との押問答 / 231
  • 魑魅魍魎 / 241
  • 廃墟の中の佇み / 252
  • 裏の裏がある世の中 / 259
  • 志賀が入社の事情とその後 / 268
  • 釈放後、志賀米平との再会
  • 釈放後、志賀米平との再会 / 277
  • 留置中に勃発した奇怪な出来事
  • あらたな決心 / 287
  • 突如おこった旋風 / 296
  • 奇想天外のこと / 303
  • 伊東より妻帰る / 310
  • 謀略のクライマツクス / 313
  • 『日本冶金』供託金取下のこと / 337
  • 『百穂』事件と松島弁護士 / 342
  • 金主筋からの担保抜取り / 344
  • 江戸橋商事閉鎖後の奇怪な出来事
  • 〝奇怪なる財宝一億の行方〟の手記 / 349
  • 不法な『日本冶金』の差押え解除 / 351
  • 自由党某領袖の不遜な態度 / 353
  • 去り行くもの
  • 去り行くもの / 359

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 風と共に去り風と共に来りぬ
著作者等 森脇 将光
書名ヨミ カゼ ト トモニ サリ カゼ ト トモニ キタリヌ
書名別名 Kaze to tomoni sari kaze to tomoni kitarinu
巻冊次 第1部 (謀略篇)
出版元 安全投資出版部
刊行年月 1954 17版
ページ数 363p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
57012997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想