ニーバーの社会主義

飯野紀元 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 二ーバーの経歴 / p7
  • 第二章 人間論 / p13
  • (1)活力と形相 / p15
  • (2)キリスト教人間観 / p16
  • (3)罪の起源 / p18
  • (4)人間と文明 / p20
  • (5)歴史観 / p21
  • 第三章 社会倫理 / p26
  • (1)倫理と神学と歴史 / p26
  • (2)神中心 / p27
  • (3)倫理学と神学との二つの接触点 / p29
  • (4)アガペーと他の倫理的価値 / p31
  • (5)倫理と政治 / p41
  • 第四章 現代人批判 / p44
  • (1)歴史に対する過信 / p44
  • (2)現代破局の究極的原因 / p45
  • 第五章 世界情勢診断 / p50
  • (1)アメリカとヨーロッパ / p50
  • (2)アジアの特色 / p53
  • (3)共産主義の進出 / p54
  • (4)アメリカのなやみ / p55
  • 第六章 社会主義 / p59
  • (1)実用主義 / p59
  • (2)富の問題 / p59
  • (3)キリスト教的民主主義 / p62
  • (4)医薬の社会化 / p64
  • (5)アメリカの自由主義 / p67
  • (6)ドイツ産業の社会化 / p68
  • (7)フリン事件 / p69
  • (8)自由と統制 / p73
  • (9)共産主義の迷想 / p78
  • (10)現代破局の諸原因 / p79
  • (11)キリスト教とマルキシズムとの対立 / p86
  • (12)功利主義的キリスト教 / p93
  • (13)人種偏見 / p102
  • (14)カトリック教会最近の動静 / p105
  • (15)絶対兵器 / p108
  • (16)プロテスタント教会のつとめ / p111
  • 第七章 ニーバーを論ずる人々 / p116
  • (1)ニーバーの影響力 / p116
  • (2)学問的批判 / p118
  • (3)彼をめぐる七人の思想家 / p118
  • 著者のニーバー論 / p127
  • (1)社会悪分析 / p127
  • (2)人間の偉大さと弱点 / p128
  • (3)社会正義現実の戦士 / p134
  • (4)ニーバーの思想全体をその実践との聯関においてみる必要性 / p135
  • (5)彼の社会改革案の特徴 / p139
  • (6)後進へ与えられた課題 / p142
  • (7)教会外における彼の感化力 / p144
  • (8)彼の思想の実態 / p146
  • (9)彼と哲学 / p147
  • (10)世界の動き / p147
  • (11)理性の解釈 / p148
  • (12)理性の六つの意味 / p158
  • (13)ニーバーの説とブライトマンのそれは両立しうるか / p162
  • (14)ある根本的信念 / p165
  • (15)三つの究極的確信 / p168
  • (16)三つの結論 / p170
  • 第八章 著者と術語 / p174
  • A 主なる著作及び刊行物について / p174
  • (1)牧師時代の自叙録 / p176
  • (2)「文明は宗教を必要とするのか」 / p176
  • (3)「道徳的人間と非道徳的社会」 / p177
  • (4)「時代に終わりについての反省」 / p178
  • (5)「基督教倫理」 / p179
  • (6)「悲劇をこえて」 / p179
  • (7)「キリスト教と権力政治」 / p180
  • (8)「キリスト教人間観」 / p180
  • (9)「光の子と闇の子」 / p181
  • (10)「時のしるしを見わけて」 / p181
  • (11)アムステルダム会議へ提出された論文 / p181
  • (12)「信仰と歴史」 / p182
  • (13)「キリスト教と危機」および「キリスト教と社会」 / p183
  • B 術語のおこりと意味 / p183
  • (1)「不可能な可能性」 / p183
  • (2)「イデオロギー的汚点」 / p191
  • (3)「無知の無知」 / p196
  • (4)「否定の否定」 / p197
  • (5)「神話」 / p203
  • (6)「罪の真髄」 / p208
  • (7)「不決定的可能性」 / p214
  • (8)「近似的解決」 / p216
  • (9)「道徳的意味の切線」 / p218
  • (10)「万能薬」 / p220
  • (11)「隠されたるキリスト」 / p224
  • (12)「誤謬の背に乗って歴史に登場する真理」 / p225
  • (13)「偽りの絕対」 / p226
  • (14)「柔弱なユートピヤ主義」と「兇猛なユートピヤ主義」 / p227

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ニーバーの社会主義
著作者等 飯野 紀元
書名ヨミ ニーバー ノ シャカイ シュギ
出版元 理想社
刊行年月 1952
ページ数 231p
大きさ 19cm
NCID BN11200095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52006109
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想