日本人の一年と一生 : 変わりゆく日本人の心性

石井研士 著

日本人のクリスマスにもちゃんとある宗教性、逆転した神前結婚式とチャペルウェディングの割合-正月、お盆、七夕など伝統的な年中行事から、クリスマス、バレンタインデーなど新しい行事、さらに、七五三、成人式、結婚式、お葬式など日本人の一生を彩る儀礼のあまり知られていない起源と意外な現実を考察し、日本人の精神性のありかを示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 年中行事(正月-「めでたさ」の現在
  • 節分-「鬼は外」の声は響かず
  • バレンタインデーとホワイトデー-日本人が作ったキリスト教行事
  • 雛祭り-聖性のゆくえ
  • 母の日と父の日-核家族化の中で ほか)
  • 第2章 通過儀礼(出産と誕生日-幸せにつつまれて魂は付着したのか
  • 七五三-家族の記念日
  • 成人式-私たちはいつ大人になれるのか
  • 結婚式-私たちの幸せの形
  • 厄年と年祝い-延びる寿命と盛んになる年祝い ほか)
  • 最終章 現代日本の儀礼文化再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人の一年と一生 : 変わりゆく日本人の心性
著作者等 石井 研士
書名ヨミ ニホンジン ノ イチネン ト イッショウ : カワリユク ニホンジン ノ シンショウ
書名別名 Nihonjin no ichinen to issho
出版元 春秋社
刊行年月 2005.2
ページ数 216p
大きさ 19cm
ISBN 4393291573
NCID BA70423669
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20734274
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想