宮座と墓制の歴史民俗

関沢まゆみ 著

宮座をひきいる長老衆に焦点をあて、神主・当屋の新たな分類を試み、宮座の構成や機能を解明。また長老衆と年齢秩序、葬送・墓制や郷墓など行政村とは異なる地域のあり方を考察。宮座とは何か、その全体像に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 宮座の基本的分析視角(宮座の類型論
  • 神社祭祀と宮座運営-美保神社の祭礼の分析から)
  • 第2章 宮座の長老衆と年齢秩序(長老による年齢管理-近江・湖東地域の事例より
  • 村落における年齢の二つの意味-敦賀市白木の事例より ほか)
  • 第3章 長老衆と葬墓制(宮座と両墓制-奈良市大柳生の事例より
  • 墓地の共同利用と年齢秩序-大和高原地域の諸事例から ほか)
  • 第4章 墓郷・水郷・宮郷をめぐる民俗学的考察-奈良盆地南西部・吐田郷の事例より(吐田郷の歴史と現在
  • 郷墓と墓地利用 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮座と墓制の歴史民俗
著作者等 関沢 まゆみ
書名ヨミ ミヤザ ト ボセイ ノ レキシ ミンゾク
書名別名 Miyaza to bosei no rekishi minzoku
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.2
ページ数 305, 5p
大きさ 22cm
ISBN 4642081887
NCID BA7053415X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20733717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想