明治神宮の出現

山口輝臣 著

日本最大の初詣スポット、明治神宮。なぜ20世紀の東京に、絵画館・競技場・記念館のある新しい神社が造られたのか。忘れられた「大正の大事業」の真相を掘り起こし、国民にとって明治神宮とは何だったのかを考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 明治神宮がいつできたか知っていますか-やや長めの序章
  • 明治天皇の出現
  • 明治神宮を東京へ
  • 明治神宮をわが町へ
  • 明治神宮は東京に
  • 明治神宮の出現
  • 明治神宮とはいったい何であるのか-短めの終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治神宮の出現
著作者等 山口 輝臣
書名ヨミ メイジ ジングウ ノ シュツゲン
書名別名 Meiji jingu no shutsugen
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 185
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2005.2
ページ数 217p
大きさ 19cm
ISBN 4642055851
NCID BA70467609
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20733131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想