十八世紀英文学研究

十八世紀英文学研究会 編

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • デニスの文学論 加藤龍太郎 / 1
  • 漱石の『文学評論』と「日本人の立場」 中原章雄 / 59
  • The Way of the Worldの問題点 山田利秋 / 77
  • AddisonとExternal Nature 高山修 / 89
  • デフォーとThe Family Instructor(1715) 織田稔 / 109
  • Gulliver's Travels の unity -第三編の評価- 常盤井礼十 / 125
  • The Bashful Pamela -Pamela第二部へのアプローチ- 岡照雄 / 140
  • 意志の葛藤のドラマとしてのClarissaにおけるLovelaceの役割について 久米清 / 153
  • Jonathan WildにおけるIrony 三谷法雄 / 168
  • 十八世紀著作家の権利意識 宮崎芳三 / 183
  • Picturesqueについて 内多毅 / 209
  • Sensibilityの理想像 -novel of sensibilityについての一考察- 樋口欣三 / 223
  • イギリスにおける小説史成立の問題点 榎本太 / 237
  • あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 十八世紀英文学研究
著作者等 十八世紀英文学研究会
書名ヨミ 18セイキ エイブンガク ケンキュウ
書名別名 18seiki eibungaku kenkyu
出版元 あぽろん社
刊行年月 1968
ページ数 262p
大きさ 22cm
NCID BN07613626
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56015890
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想