現代日本の資本蓄積

相原茂 編

[目次]

  • はしがき
  • 序章 資本蓄積の再発足 / p3
  • 第一節 占領政策 / p3
  • 第二節 過渡期 / p11
  • 第三節 片山内閣 / p22
  • 付 再生産表式 / p29
  • 第一部 資本蓄積の一般的傾向
  • 第一章 資本蓄積のテンポと構成 / p37
  • 第一節 資本構造の変動と技術革新 / p40
  • 第二節 高蓄積と過剰設備問題 / p44
  • 第二章 蓄積源泉の推移 / p50
  • 第一節 戦後における資金調達の推移 / p52
  • 第二節 資金供給構造の展望 / p65
  • 第三節 利潤動機と利子負担 / p81
  • 第三章 資本蓄積と国家資金 / p87
  • 第二節 ドッジ・ライン下の見返資金 / p95
  • 第三節 新たな政府金融機関としての日本開発銀行 / p101
  • 第四節 国家資金をめぐる残された諸問題 / p112
  • 第四章 資本蓄積と外国援助・外国資本 / p115
  • 第一節 外国援助と外国資本の規模 / p115
  • 第二節 外国援助と資本蓄積 / p118
  • 第三節 民間資本と技術導入 / p121
  • 第五章 資本蓄積と国家の施策-租税政策をめぐって / p130
  • 第一節 施策の変遷 / p130
  • 第二節 資本蓄積政策の諸効果 / p138
  • 第六章 蓄積における寡占的競争 / p189
  • 第一節 技術革新と投資の集中 / p189
  • 第二節 蓄積における寡占的競争 / p197
  • 第二部 資本蓄積の産業別分析
  • 第七章 石炭鉱業の資本蓄積 / p217
  • 第一節 戦後統制期の資本蓄積 / p217
  • 第二節 ドッジ・ライン以後の資本蓄積 / p241
  • 結び 石炭鉱業における資本蓄積の過去および現状 / p258
  • 第八章 電力事業 / p264
  • 第一節 戦後~二五年までの蓄積過程 / p269
  • 第二節 再編成(二六年)後三三年度までの蓄積過程 / p276
  • 第三節 開発技術の進歩 / p299
  • 第四節 企業較差の増大と今後の問題 / p302
  • 第九章 鉄鋼業 / p304
  • 第一節 第一次合理化計画時代 / p308
  • 第二節 デフレ不況下における蓄積の停滞 / p319
  • 第三節 第一次合理化計画の効果 / p327
  • 第四節 第二次合理化計画時代 / p329
  • 第五節 第三次合理化計画の胎動 / p336
  • 第十章 化学工業 / p341
  • 第一節 戦後の化学工業 / p341
  • 第二節 化学工業における資本蓄積 / p354
  • 第三節 硫安工業 / p378
  • 第十一章 工作機械工業 / p436
  • 第一節 生産の不振と多機種少量生産 / p436
  • 第二節 資本蓄積の実態 / p442
  • 第三節 今後の動向 / p456
  • 第十二章 電気機械工業 / p459
  • 第一節 資本蓄積の背景 / p459
  • 第二節 資本蓄積の実態 / p463
  • 第三節 技術提携 / p477
  • 第十三章 繊維工業 / p483
  • 第一節 繊維工業の蓄積方式 / p483
  • 第二節 戦後綿紡績業の資本蓄積 / p490
  • 第三節 戦後化繊工業の資本蓄積 / p501
  • 表目次 / 巻末

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代日本の資本蓄積
著作者等 相原 茂
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ノ シホン チクセキ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1961
ページ数 508p
大きさ 22cm
NCID BN06088316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61007203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想