日本の経済思想世界 : 「十九世紀」の企業者・政策者・知識人

川口浩 編著

日本の近世と近代の狭間にある巨大な激動期「十九世紀」とはいかなる時代であったか。当時を代表する渋沢栄一、福沢諭吉をはじめとする企業者・政策者・知識人の経済思想をとりあげ検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本の経済思想世界-「十九世紀」の企業者・政策者・知識人
  • 第1部 プレ天保世代(大坂両替商草間直方における「融通」
  • 川路聖謨-幕末一閣僚の外交日記
  • 本多利明の経世済民思想-『経済放言』を中心として ほか)
  • 第2部 天保(一八三〇〜四四)世代(草莽の後期水戸学としての渋沢栄一思想
  • 明治前半期の豪農の経済思想について-岡田良一郎を事例として
  • 明治維新期の財政政策と経済思想-由利公正と大隈重信 ほか)
  • 第3部 ポスト天保世代(一八八〇年代における地方名望家の展開-愛知県前芝村・加藤六蔵を例として
  • 「番頭」武藤山治-鐘紡専心期(一八九四〜一九一八)を中心に
  • 明治後半における工業社会像-清浦奎吾の工業所有権保護策を中心に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の経済思想世界 : 「十九世紀」の企業者・政策者・知識人
著作者等 Distelrath, Günther
三島 憲之
三澤 勝己
仁木 良和
叶 坦
坂本 慎一
堀 和孝
宮田 純
小室 正紀
川口 浩
矢嶋 道文
石井 寿美世
落合 功
鈴木 弘一郎
高橋 周
書名ヨミ ニホン ノ ケイザイ シソウ セカイ : ジュウクセイキ ノ キギョウシャ セイサクシャ チシキジン
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2004.12
ページ数 530p
大きさ 22cm
ISBN 4818817074
NCID BA70123698
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20730361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想