二代目市川団十郎 : 役者の氏神

田口章子 著

二代目市川団十郎(一六八八〜一七五八)歌舞伎役者。あらゆる意味で今日の歌舞伎の基礎を確立した二代目市川団十郎。その存在価値がいかに大きかったかを読み解き、江戸歌舞伎界に名優として君臨した二代目団十郎の人物像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 江戸随市川宗家の権威確立
  • 第2章 荒事芸と和事芸の融合
  • 第3章 家の芸の確立-歌舞伎十八番の基礎
  • 第4章 義太夫狂言への道
  • 第5章 役者の社会的地位の向上
  • 終章 歌舞伎確立の立役者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二代目市川団十郎 : 役者の氏神
著作者等 田口 章子
書名ヨミ ニダイメ イチカワ ダンジュウロウ : ヤクシャ ノ ウジガミ
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2005.1
ページ数 210, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4623043088
NCID BA70029179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20727064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想