メディア史を学ぶ人のために

有山輝雄, 竹山昭子 編

江戸から現代までの日本のメディアをとりあげ、メディア概念、コミュニケーション概念を問い直す。資料の迷路を探索するメディア史への案内書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • メディア史を学ぶということ
  • 江戸から明治初期
  • 自由民権期の「多事争論」状況
  • 明治中期、政界内の情報流通と議会政治
  • 「民衆」の時代から「大衆」の時代へ-明治末期から大正期のメディア
  • 通信社の発達-国内通信から国際通信への模索
  • ラジオ放送の出現と一九二〇年代の社会
  • 一九二〇年代三〇年代の広告
  • 大衆娯楽から映画国策へ
  • 総動員体制とメディア
  • 敗戦とメディア
  • 戦後放送体制
  • 高度経済成長とメディア-テレビの拡大

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 メディア史を学ぶ人のために
著作者等 有山 輝雄
竹山 昭子
書名ヨミ メディアシ オ マナブ ヒト ノ タメニ
出版元 世界思想社
刊行年月 2004.11
ページ数 367p
大きさ 19cm
ISBN 4790710807
NCID BA69272963
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20736280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想