裏切りの世界史 : この1000年、彼らはいかに騙し、強奪してきたか

清水馨八郎 著

米、ロ、中…一番悪いのはどこの国?日本人だけが知らない無法と謀略の手口。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 西郷隆盛の予言-西洋人を「野蛮人」と喝破したその炯眼
  • 第2章 条約を守る民族、守らない民族-日本と欧米、信義の国はどちらか
  • 第3章 非道と傲慢、西洋文明の正体-なぜ、その非道な手口が見過ごされてきたのか
  • 第4章 破約の常習犯、ロシアの所行-なぜ、日本はいつまでも煮え湯を飲まされるのか
  • 第5章 力と奸計、アメリカ文明の陰部-神の名のもとにあらゆる悪行を正当化する厚顔無恥
  • 第6章 常軌を逸した無法国家、中国-略奪、殺戮を「文化」とし、白を黒と言いくるめるその手口
  • 第7章 グローバリズムという名の世界侵略-英語、牛肉食などの文化侵略と、それに立ち向かう日本文明
  • 終章 日本文明の責任と使命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 裏切りの世界史 : この1000年、彼らはいかに騙し、強奪してきたか
著作者等 清水 馨八郎
書名ヨミ ウラギリ ノ セカイシ : コノ 1000ネン カレラ ワ イカニ ダマシ ゴウダツシテキタカ
書名別名 破約の世界史

Uragiri no sekaishi
シリーズ名 祥伝社黄金文庫
出版元 祥伝社
刊行年月 2004.12
ページ数 256p
大きさ 16cm
ISBN 4396313640
NCID BB22900185
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20712303
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想