甘美なる暴力

テリー・イーグルトン [著] ; 森田典正 訳

文学とドラマトゥルギーの主要テーマたる「悲劇」が、イーグルトンの手によって哲学、倫理学、心理学、神学、政治の舞台に移され、さらに文学と舞台と思想の高みからリアルな人間生活の地平に降り立たされる。エウリピデス、ソポクレス、メルヴィル、フローベール、ドストエフスキー、ゲーテ、カフカ、トーマス・マン、ハーディ、エリオットなどの作品における「悲劇」観が、アリストテレス、プラトン、聖アウグスティヌス、デカルト、パスカル、スピノザを経て、ヘーゲル、キルケゴール、ニーチェ、サルトルに到る西洋主流の政治的・哲学的思想の流れに織り込まれて、徹底的な分析と精査をうける。「悲劇の死」という問題に正面から取り組み、悲劇の現代的意義を主張する長年の研究の最良の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 廃墟の理論
  • 第2章 苦悩の価値
  • 第3章 ヘーゲルからベケットへ
  • 第4章 英雄たち
  • 第5章 自由・運命・正義
  • 第6章 憐れみ、恐れ、快楽
  • 第7章 悲劇と小説
  • 第8章 悲劇と近代
  • 第9章 悪魔
  • 第10章 トーマス・マンのハリネズミ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 甘美なる暴力
著作者等 Eagleton, Terry
森田 典正
イーグルトン テリー
書名ヨミ カンビナル ボウリョク : ヒゲキ ノ シソウ
書名別名 Sweet violence

悲劇の思想
出版元 大月書店
刊行年月 2004.12
ページ数 457, 36p
大きさ 20cm
ISBN 4272430645
NCID BA6983435X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20715348
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想