アインシュタインの思考をたどる : 時空の哲学入門

内井惣七 著

アインシュタインに関わる本は、伝記や解説を含めておびただしい数にのぼる。しかし、彼の最高傑作である一般相対性理論を一般向けに平易に解説したものは見当たらない。本書は、特殊相対性理論から一般相対性理論にいたる思考の難関を、時空哲学の革命的変革を求めて、明快かつ独創的に解きほぐす最良の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古典力学と電磁気学から特殊相対性理論へ(1905)
  • 第2章 等価原理の着想(1907‐1911)
  • 第3章 曲がった時空(1912‐1915)
  • 第4章 穴の謎(1913‐1915)
  • 第5章 シュヴァルツシルト幾何学とブラックホール
  • 第6章 時空の哲学入門

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタインの思考をたどる : 時空の哲学入門
著作者等 内井 惣七
書名ヨミ アインシュタイン ノ シコウ オ タドル : ジクウ ノ テツガク ニュウモン
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2004.12
ページ数 196p
大きさ 21cm
ISBN 462304260X
NCID BA69934489
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20715294
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想