批判者の批判  下巻 (あげしおに向うために)

宮本顕治 著

[目次]

  • 目次
  • 下巻
  • 批評の現実性(続)
  • 四 / 3
  • 1 「播州平野」の主題と形象のかなめ / 4
  • 2 「播州平野」の思想的基礎について / 9
  • 3 「播州平野」のリアリズム / 14
  • 4 小説と記録のリアリズム / 18
  • 5 「風知草」の創作方法 / 22
  • 6 「風知草」の社会的意味 / 25
  • 7 「二つの庭」評について / 32
  • 8 「二つの庭」の佐々一家 / 36
  • 9 「二つの庭」の作家意識 / 42
  • 10 創作方法と手法 / 47
  • 11 平和と統一戦線について / 52
  • 12 「道標」の構造をめぐって / 63
  • 13 「道標」における社会主義制度と人物 / 67
  • 五 結論に対する結論 / 76
  • プロレタリア文学の歴史にてらして / 85
  • 評価の科学性 / 122
  • 小林多喜二と宮本百合子 / 140
  • 第二部
  • 組織と批評の問題から(1) / 155
  • 「真空地帯」論について-組織と批評の問題から(2) / 179
  • 現実の課題にてらして / 201
  • あげしおに向うために / 236
  • 「静かなる山々」の評価をめぐって / 273
  • 結び-批評の立場 / 296
  • あとがき / 315

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 批判者の批判
著作者等 宮本 顕治
書名ヨミ ヒハンシャ ノ ヒハン
巻冊次 下巻 (あげしおに向うために)
出版元 新科学社
刊行年月 1954
ページ数 317p
大きさ 19cm
NCID BN11018987
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58006068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想