日本文学史の方法論

鷹津義彦 著

[目次]

  • 文学史の発祥 / 9
  • 文学理論の浸透 / 25
  • 諸科学の準用 / 33
  • 民俗学の照射 / 46
  • 美的範疇論の帰結 / 58
  • 危機意識の反映 / 67
  • 歴史社会学派の転進と国民文学論 / 79
  • 附 日本文学史書目
  • 一般史 / 91
  • 通史
  • 時代別史
  • 文学形態別史 / 113
  • 散文史
  • 詩歌・歌謡史
  • 演劇・芸能史
  • 評論・研究史
  • 文学形態別によらざる文学史 / 130
  • 文壇史 / 132

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学史の方法論
著作者等 鷹津 義彦
書名ヨミ ニホン ブンガクシ ノ ホウホウロン
書名別名 Nihon bungakushi no hohoron
シリーズ名 国語国文学研究叢書 ; 16
出版元 桜楓社
刊行年月 1966
版表示 再版
ページ数 135p
大きさ 19cm
NCID BA72476804
BN07066104
BN10676409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66009125
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想