思想としての戦争体験

三枝康高 著

[目次]

  • 目次
  • 昭和十年代の旗手 / 1
  • 太宰における作家の成立 / 3
  • 何がかれをそうさせたか / 3
  • 太宰治とその周辺 / 4
  • 太宰治とコムニズム / 10
  • 「政治と文学」と太宰治 / 10
  • コムニズムへの道 / 12
  • 弾圧のなかの情死行 / 23
  • 太宰治の転向をめぐって / 32
  • 結婚生活と非合法運動 / 32
  • 大森ギャング事件前後 / 42
  • 戦後における太宰治の態度 / 50
  • 日本イデオロギー批判 / 57
  • 屈折にみちた道 / 59
  • 私の読書遍歴をたどる / 59
  • 失われた青春の記憶 / 62
  • 日本浪曼派への批判 / 68
  • 日本浪曼派をめぐる見解 / 68
  • 『戴冠詩人の御一人者』 / 70
  • 保田与重郎の反語と逆説 / 72
  • 私の『早春記』から / 79
  • 民族という立場について / 82
  • 現代史のなかの民族 / 82
  • 半島人と台湾人の場合 / 83
  • 中国についての意見 / 87
  • 転形期のなかの原点 / 91
  • 『夜明け前』の青山半蔵 / 93
  • 昭和初頭における藤村 / 93
  • 馬籠本陣と国学への道 / 100
  • 維新史の流れのなかで / 107
  • 国学者における意識の変革 / 115
  • 国学をどう見るか / 115
  • 契沖から真淵への道 / 119
  • 真淵における歴史意識 / 125
  • 芸術的抵抗を支えたもの / 133
  • 殉死の問題と「明治の精神」 / 135
  • 『阿部一族』の場合 / 135
  • 歴史小説と鷗外の精神 / 140
  • 中野重治のねちねちした抵抗 / 146
  • 『鷗外その側面』 / 146
  • 木下杢太郎との比論 / 155
  • 亡き父と太田正雄 / 164
  • 戦争体験をどう生かすか / 173
  • 戦記に現われた知識人の態度 / 175
  • 梅崎春生の『桜島』 / 175
  • 加藤周一の『ある晴れた日に』 / 183
  • 大岡昇平の『野火』 / 196
  • 野間宏の『真空地帯』 / 204
  • 原水爆の恐怖と文学 / 213
  • 『春の城』と『戦艦大和の最期』 / 213
  • 『魔の遺産』を読んで / 222
  • ビキニの灰のもたらしたもの / 234
  • マス・コミと文学の変貌 / 241
  • 私小説と私小説論の課題 / 243
  • 私小説と私小説論の沿革 / 243
  • 近代小説における「私」 / 250
  • 『放蕩息子の帰宅』 / 257
  • 現代における戦争体験の意味 / 262
  • 戦争体験をどう考えるか / 262
  • 太平洋戦争の捉えかた / 265
  • 文学における戦争への道 / 270
  • あとがき / 276

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 思想としての戦争体験
著作者等 三枝 康高
書名ヨミ シソウ ト シテノ センソウ タイケン
出版元 桜楓社
刊行年月 1960
版表示 再版
ページ数 277p
大きさ 19cm
NCID BA43342928
BN12069360
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61000531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想