占いの謎 : いまも流行るそのわけ

板橋作美 著

テレビをつければ「今日のラッキーアイテム」、雑誌を開けば「あなたの運命」-。合理的、科学的な思惟が支配する時代だというのに、巷では相かわらず数々の「占い」が花ざかりだ。占いほど、古くから、そして広く見られる人間の営みも少ないだろう。なぜ人間は占わずにはいられないのか。私たちは「占い」という行為によって何をしようとしているのか。その根本的な意味を文化人類学の立場から省察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 何から何を占うのか
  • 第2章 占いと科学
  • 第3章 異常性と偶然性
  • 第4章 対立と対句
  • 第5章 相としてとらえる
  • 第6章 占いは何をしているのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 占いの謎 : いまも流行るそのわけ
著作者等 板橋 作美
書名ヨミ ウラナイ ノ ナゾ : イマモ ハヤル ソノ ワケ
書名別名 Uranai no nazo
シリーズ名 文春新書
出版元 文芸春秋
刊行年月 2004.11
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 4166604120
NCID BA69631953
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20707799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想