スポーツを「読む」 : 記憶に残るノンフィクション文章讀本

重松清 著

かつて山際淳司が「江夏の21球」を書いた時から、スポーツライターという言葉が定着した。一九八〇年のことである。以来、スポーツの語り部たちは従来の運動部記者にはない独自の文体を駆使して、新しい物語を紡いできた。「スポーツを読む」という楽しみは何なのか。ひとはなぜ、「スポーツを見る」だけではなく、「スポーツを書く」のか。取り上げる三十九人のスポーツライティングの達人を通して、重松清がその真髄に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 俊英たちが切り拓いたスポーツを「書く」豊饒の世界(山際淳司
  • 沢木耕太郎 ほか)
  • 2 「見る」という行為を文学者たちも多彩に表現する(開高健
  • 寺山修司 ほか)
  • 3 スポーツには「読む」名調子というものもある(二宮清純
  • 近藤唯之 ほか)
  • 4 対象との距離の取り方が新しい「興奮」をつくる(金子達仁
  • 小松成美 ほか)
  • 5 「過剰」にこだわった時、文章のワザが変化する(ターザン山本
  • 吉田豪 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スポーツを「読む」 : 記憶に残るノンフィクション文章讀本
著作者等 重松 清
書名ヨミ スポーツ オ ヨム : キオク ニ ノコル ノンフィクション ブンショウ ドクホン
シリーズ名 集英社新書
出版元 集英社
刊行年月 2004.11
ページ数 259p
大きさ 18cm
ISBN 4087202682
NCID BA69598290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20700808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想