マンガを解剖する

布施英利 著

マンガの「吹き出し」とは何だろう。マンガと絵画のちがいは?マンガに「コマ割り」があるのはなぜか。改めて考えると、マンガというメディアはすごく面白い。マンガの絵と文字の関係は日本語の漢字とかな(ルビ)の関係に似ている、マンガは脳と一体化したメディアである(だからマンガを読むと脳が鍛えられる!)、マンガの原型はルネサンス絵画にある-等々、美学と科学を貫く斬新な視点と鮮やかな手さばきで、特異なメディアであるマンガの本質を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 言語論(吹き出し-『誕生日』(マルク・シャガール)
  • 擬音語-『童夢』(大友克洋) ほか)
  • 2 絵画論(コマ割り-『風と木の詩』(竹宮恵子)
  • スクリーン・トーン-『Hopeless』(ロイ・リキテンシュタイン) ほか)
  • 3 身体論(子供-『名探偵コナン』(青山剛昌)
  • 大人-『ドラえもん』(藤子・F・不二雄) ほか)
  • 4 科学論(進化-『新世紀エヴァンゲリオン』(庵野秀明)
  • ネオテニー『AKIRA』(大友克洋) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンガを解剖する
著作者等 布施 英利
書名ヨミ マンガ オ カイボウスル
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.11
ページ数 252p
大きさ 18cm
ISBN 4480062068
NCID BA69433563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20718418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想