原子力と報道

中村政雄 著

原子力の報道はこれまで正確かつフェアになされてきたのか。近年の原子力報道を徹底検証し、ゆがみを生じさせた要因に鋭い分析を加えたメディア批評の秀作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 「十九兆円の請求書」
  • 第1章 原子力報道の歴史(開発当初は世論もマスコミも大歓迎だった
  • いつの間にか広がった反対ムード ほか)
  • 第2章 マスコミの宿命(繰り返すミスリードの歴史
  • エネルギー問題はどう報道されてきたか ほか)
  • 政治に翻弄されて(政治家が避けたがる原発問題
  • 社会党が唱えてきた「反原子力」の中身 ほか)
  • 第4章 原子力の報道を考える(「原子力報道を考える会」の発足
  • 記事の品質保証 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原子力と報道
著作者等 中村 政雄
書名ヨミ ゲンシリョク ト ホウドウ
シリーズ名 中公新書ラクレ
出版元 中央公論新社
刊行年月 2004.11
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 4121501578
NCID BA69429522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20701559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想