代官の日常生活 : 江戸の中間管理職

西沢淳男 著

賄賂を受け取り、過重な年貢を強いる悪代官。しかし、それは代官の実像を伝えているのか-。増長する下僚に悩まされ、地震、飢饉などの危機に東奔西走。知られざる代官の素顔を明らかにし、幕府体制の礎を築いた江戸の中間管理職の悲喜交々を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 代官という仕事(地方と公事方-代官の基本業務
  • 幕府官僚世界のなかの代官 ほか)
  • 第2章 代官から見た幕政改革(江戸幕府成立と代官
  • 将軍綱吉期の「賞罰厳明」策 ほか)
  • 第3章 代官の転勤人生(奉職と赴任
  • 赴任の旅 ほか)
  • 第4章 江戸の代官(江戸の勤務形態
  • 交遊する代官たち ほか)
  • 第5章 代官たちの危機管理(下僚に悩まされる代官
  • 大地震が発生したとき ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 代官の日常生活 : 江戸の中間管理職
著作者等 西沢 淳男
書名ヨミ ダイカン ノ ニチジョウ セイカツ : エド ノ チュウカン カンリショク
書名別名 Daikan no nichijo seikatsu
シリーズ名 講談社選書メチエ 314
出版元 講談社
刊行年月 2004.11
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4062583143
NCID BA69478823
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20702932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想